【mooneyo】が始まるまで〜結婚式後に捨てられるまだ美しいお花を見て、ブランドを立ち上げることになった話〜

【mooneyo】が始まるまで〜結婚式後に捨てられるまだ美しいお花を見て、ブランドを立ち上げることになった話〜

今年の4月から温めてきた新しいブランドを無事公開できるという運びになり、胸が高まる気持ちと、これからも頑張るぞ!という気持ちでいっぱいです。

決して楽ではなかった新ブランドmooneyoの立ち上げまでの道のりを今回文章にまとめてみました。 

ズボラな女子代表のわたしの花体験

これからお花の事業を始めていくわたしですが、実は割とズボラです。ズボラというより、ルーティンを超絶守れない人というのが正しい言い方かもしれません。
家にある観葉植物の水やり担当は私と正反対で几帳面な夫。独身時代はサボテンを枯らしてしまったこともありました。「自分ってサボテンすら育てられないのか?」とめちゃくちゃ落ち込んだことを記憶しています。

お花自体は大好きで、自分自身を元気付けたい時には自分にも買うし、友達に送ったり友達からもらったりすることもしばしば。

お花の持っている力は素晴らしいもので、人もその場所もパッと華やかになりますよね。
社会人なりたての頃、私を元気付けてくれたのはお花の力でした。
お祝い事がある時に、お祝いムードをより一層高めてくれたのはお花の力でした。

「そんなお花の美しさがずっと続けばいいな・・・。」

プリザーブドフラワー?ドライフラワー?造花?
合理的なことばかりをついつい求めがちな私にとってはどれもなんだか物足りない。
せっかくなら何か実用的なものがあればいいな。
そんなことをぼんやりとずっと考えていました。

結婚式が終わったあと、捨てられるお花たち

以前友人の結婚式に参加した時のこと。
高砂の後ろに飾ってある大きな装花がとっても印象的な結婚式でした。
友人カップルがゲスト1人ずつにお見送りをする際に、あの装花をもう一度目に収めておこうと思い、ふと振り返ってみました。そしたらなんと、会場のスタッフさんたちが物凄い勢いで大きな黒のゴミ箱にどんどん捨てていました。その光景は今でも目を閉じるとすぐ浮かんできてしまうほど、私にとって強烈な思い出となっています。

その時、私の中で「新しいお花の楽しみ方を世の中に生み出す仕事がしたい」と決心の気持ちが芽生えていました。

事業を順調に進めていた矢先の新型コロナウイルス

2018年に立ち上げたBeacon Dressもありがたいことに沢山の花嫁様にお越しいただけるサロンとなり、2020年1月には念願だった地元大阪への出店も果たし、5月には東京2号店を出店する事業計画で進めていた矢先の、緊急事態宣言。
4人の従業員のお給料は払い続けないといけないし、結婚式中止によるキャンセル料の支払いが続き、このまま私の会社はどうなってしまうんだろう?と不安な気持ちでいっぱいでした。

その時にずっと頭の片隅にあった「新しいお花の楽しみ方を生み出す仕事」を本格的に始めてみようと自宅キッチンで草木染めを始めてみました。

人間、不安な気持ちでいっぱいの時は、手を動かしたり、体を動かすことが本当に大切ですね。お花に触れながら進める作業はとっても癒し効果抜群でしたし、より一層お花がもつ魅力の虜になっていってました。

そして、裁縫ができるスタッフに手伝ってもらい出来上がったクッションカバーを自宅ソファの上に置いて、実際に利用してみると・・・。お花の優しさに包まれて、優しい気持ちになれる今までになかった感覚!!!!!これは絶対形にしよう!と思いました。



家の近所のお花屋さんラパレットさんfiore soffittaさん。お店の少し元気がなくなってきたお花をお裾分けしてくださり、本当にありがとうございました!




思っているより100倍大変なものづくり

いよいよ、ブランドローンチに向けて動き出しました。一緒に立ち上げメンバーとしてお仕事を依頼したのはお花に携わる発信や、ブランディングディレクターとして活躍されるayupyさん。ブライダル事業の方でお世話になっているデザイナーの苑子さんの大学時代の友人とのことで、お仕事を引き受けてくださりました!
ブランディングを進めてくださるだけではなく、デザイナーさんの紹介や採用面も積極的に進めてくださり、頭が上がりません。HPの制作までもマルチで完璧に進めていってくださるあゆみさんを見てて、本当にこの人にお願いしてよかったな!と思いました。

もう1人はブライダル事業の方でお仕事を依頼していた菜美さん。彼女の持ち前のポジティブさと、色んな人の心の懐に入っていく姿を横で見てて、是非新規事業の方もお仕事をお願いしたい!と思うようになりました。プロダクト開発に向けて数多くのメーカーさんや職人さんとのやりとりをスムーズに進めていけるのは、菜美さんだからこそだなと本当に思っています。

私とこちらのおふたりと3人で進めいくプロジェクト。誰もメーカー出身者がいない。。。

パターンって何?ってところから、右も左もわからないままの状態からのスタート。

出したい色に染めることができた!あのメーカーさんとお取引できることになった!あの職人さん手伝ってくださるって!嬉しいニュースがあった次には必ずと言ってもいいほど訪れる2-3つのバッドニュースたち。
1人で進めてたら絶対心が折れていたことも彼女たちのおかげで前を向いて進めていくことができました。

全力でご協力くださる関係者の皆様

ブライダルの方でいつもお世話になっているcamelさんのご紹介で花の仲卸会社さんフローレ21さんとのお取引が始まりました。千葉の房総半島まで農家見学に連れて行ってくださりました。夜勤明けにもかかわらず、車中含めて沢山お話をしてくださった井上さん、本当にありがとうございます。

当ブランドはカーネーション農家を営む精華園さんから規格外で市場には出せないお花を購入しています。

規格外のお花がなるべく出ないように沢山研究を続けてらっしゃる農家さん。その中でもどうしても出てしまう、規格外のお花たち。当社が行う染め物は花弁があればできます。なので、茎が短かったり、折れてしまったお花はもちろん、切花してから数日経ったお花でもきれいに染めることができます。その旨を熱弁して、だったら是非。とのことでご協力いただけることになりました。
 

 
精華園さん
は2019年の台風19号被害によって、ガラスハウスのほとんどが割れ、多大な被害が出ました。ボランティアの方などを始めやっと復旧したかと思った矢先の新型コロナウイルス。代表の岩田さんがおっしゃった「農家の仕事をもう辞めようと思った」というお言葉が胸に突き刺さっています。そんな苦渋の決断を迫られていた岩田さんが、それでも今日の日も農家のお仕事を続けてらっしゃる。私もそんな岩田さんの大切に育てたカーネーションを1人でも多くの方に楽しんでいただけるよう、おこがましいですが最大限の努力はしようと心から思っています。
 

mooneyoのこれから

お花の新しい楽しみ方を生み出す会社にしていきたいと思っています。

  1. 農家さんや市場から規格外のお花などを購入して、自社サイトでライフスタイルグッズを販売すること。
  2. お花屋さんと協力して、どうしても出てしまう売れ残りのお花を利用して、プロダクトとして再生していくこと。各お花屋さんにて販売していただくこと。
  3. 結婚式などのイベント時に使用するお花を、イベント後に染めて新婚カップルや両家ご両親にプレゼントすること。

 

3本柱で動いていきたいと思っています。
まだまだ未熟で、想いだけは一丁前な会社ですが、新規メンバーも募集していますので是非ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!

これからもmooneyoが皆様に愛されるブランドとなるよう大切に育ててまいります。

この場をお借りして、このプロジェクトに携わってくださる全ての関係者の方々、友人・家族に感謝の気持ちを伝えます。ありがとうございます!

Tags: Story

カテゴリ