Textile

 

mooneyo Textile

四季折々の花の美しさを染め上げる伝統技術、草木染め・花びら染め

 
「mooneyo」が使用している生地は、植物の花びら、葉、枝、実などに含まれる自然の色を抽出して作った染料で染める「草木染め」と、花びらや葉を布の上に散りばめて縛り、蒸したり煮たりすることで花びら模様を作る「花びら染め」を行なっており、京都と東京で活動されている染織職人さんが一枚一枚手作業で染めています。
化学染料とは違い、植物から抽出した色はさまざまな色、形、大きさの色素が含まれているため、光の当たり方によって色合いなどが異なって見えます。
また、植物を採集する季節や育った環境によって染まる色が違います。
一つひとつの色が、その時その植物だけが持っている特別な色なのです。
 
「草木染め」の歴史は長く、日本では縄文時代(紀元前1400年頃)から行われていたとされています。日本の伝統工芸としてその価値が評価され、現在まで続いています。
花そのものの美しさで染まった布は、心を癒し日々を彩ります。
 
 
  

草木染めの単色物は、京都の染織企業の職人さんが染色を行い、花びら染めは
東京の染織研究室やアトリエでmooneyoスタッフが染色を行っています。
  
 

土にも戻る再生繊維使用した、サスティナブルマテリアル

  
 
私たちが主に使用している生地「キュプラ」は、通称銅アンモニアレーヨンとも呼ばれる再生繊維の一つです。
特徴は、レーヨン以上に細い繊維を持った「なめらかな肌触り」で、「吸湿性・透湿性・耐摩耗性に優れている」ため、ルームウェアや春夏の衣服や裏地として重宝されています。
「染色性」にも優れた素材で、コットンなどの天然繊維に比べて退色しにくいです。また、生分解性があるため、土に還すこともできるサスティナブル素材です。
  
 
 

素材も染めも縫製もすべて日本製。
MADE IN JAPANにこだわる

 
「mooneyo」は、海外のお客様にも愛していただける日本発のブランドを目指しています。
なので、素材も染めも縫製もすべて国内で行うことにこだわっています。日本の伝統技術や感性を詰め込み、手作業でひとつひとつ作っています。
日本の技術と品質の高さは、私たちの誇りです。